6か月で 22.6 kg のダイエットには、絶対不可欠だった「全粒粉ふすま入りまんじゅう」と「カカオマス生チョコレート」などを販売しようと思うのですが?

f:id:Eekomama:20170618181744j:plain

平成29年7月30日 更新しました。

教えて下さい。販売するには?どうしたらいいの?と書いたのですが。解決。

 

ネットで検索結果。

・「食品営業はじめてナビ」

・【営業許可を取ろう!】手作りのお菓子・パンを販売するために必要なこと。

などを拝見させて頂き解決しました。

 

「パパの糖尿病からの脱出」で書いた 食事制限をした結果。

6か月で、パパの体重は「ー22.6kgの減量」に成功。

食事制限に付き合った私の体重も「-10.5kgの減量」となったのですが?

 

「パパの糖尿病からの脱出」で書いた。

禁止した食材』『変更したもの』『毎日、夕食時に摂取したもの』を実行すると、ダイエットに付き合っていた私も、とにかくストレスが溜まり甘いものが食べたくなり、特に「ガーナ♡チョコレート♡」が大~好きな私は、死にそう~ぅ!死なないけど(つらい・・・)

 

砂糖不使用で 普通に甘くて安全なものを検索しても無かったので。

 

だったら作るしかない!

 

私は「チョコレート」で、パパは「おまんじゅう」が食べたいとの希望で。

 

カカオマス生チョコレート」と「全粒粉ふすま入りまんじゅう」作りに挑戦!

 

正直、当初はお世辞にも 美味しいとは言えるものではなく、おやつが食べられることが「しあわせ~♡」と感じながら二人で食べられました。

この2つがあったお陰で、我慢できたんです!(笑顔)

この2つが無かったら ダイエットは、かなりのストレスで過酷なものになっていました!

 

ダイエットには、絶対不可欠だった。

 販売を考えているものは、以下のものです。

①「全粒粉ふすま入りまんじゅう」

②「カカオマス生チョコレート」

③「全粒粉ふすまパン」

 は、絶対に必要でした。

 

 

その中でも

特に、甘~いものが、めちゃめちゃ食べたくて死にそう~(苦しい)

 という時に、助けてくれたのが、「おまんじゅう」と「チョコ」でした。


仕事から帰って来るとお腹がペコペコで、そんな時、「おまんじゅう」と「チョコレート」または「ふすまパン」一枚を、よく噛んで食べる。という具合でした。

 

 

おまんじゅうは、今のように「おいしい」とは言えなかったのでした。

シャリシャリしたり、重曹でにがくても(ニガ~)あんこがはみ出してても(下手~)

甘~いぃ♡おやつだぁ♡と思えて頑張って食べれました。

もったいないもありましたが(苦笑い)

それが 徐々に 美味しくなっていったのです(笑顔)

 

チョコの方は、カカオマスを使い、当初は、シャリシャリ感があって。

結局は、脱出してから、美味しいと思える味ができました。

また、カロリー減に改良しても良いとは 思っています。

 

こんなに元気になったパパは

今では、パパのお腹で、腹八分目摂取しています。
時には、腹九分目の時もありますが。

 

 普通に売っている市販の甘いのものを食べて、

一日7回、血糖値測定器で測っても

測定範囲 『 優 ・ 良 ・ 可(不十分、不良)・不可 』

の中でも、いつも『 優 ⇔ 良 』の測定結果です。

 

この喜びを誰かに届けられないものかしら?と考えるようになっていて。

 

現在は、 おまんじゅうも、チョコレートも「ふつうに美味しい」と言って貰える状態です。

 

売れる??? 不安ですが・・・。

 

誰かの役に立ちたい。

誰かの助けになればと思うようになりました!

 

頑張ってみます!

また、経過を更新して行きます。